Home / 職場 / ブラック企業とは
ブラック企業とは

ブラック企業とは

「いい大学を出て、名の通った企業に就職すれば間違いない。」

実際のところどうでしょう?思い描いた社会人とは程遠いワーキングスタイルに戸惑いを感じている人が多いのではないでしょうか。

大手企業であればあるほどブラック企業の典型的パターンに乗っている場合が多いです。

  1. 大量雇用(脱落者が多数出ることを前提とした雇用)
  2. 度を超えた激務やノルマで長時間働かせる
  3. パワハラ、セクハラ、マタハラで追いつめる

→耐え抜いた人のみ残れる

→脱落者は精神的、肉体的に更に追いつめ「自主退職」をさせる

ブラック企業とは

  • 最悪な環境での労働
  • こなせないノルマ
  • とにかく激務
  • 残業代未払い
  • 労働基準法に違反している
  • 福利厚生が悪すぎる
  • 給与が低すぎる
  • 会社の悪い倫理を洗脳してくる

激務を強いるブラック企業

法律に触れても何とも思わない、従業員を駒のように使い捨てる企業がブラック企業です。

ブラック企業で働いてすぐにうつ病になり自殺をしてしまう人も毎年数多くいます。ニュースや新聞で目にするものは氷山の一角です。

誰にも相談できずに苦しんでいる人や、相談をする相手を間違えて言いくるめられてしまいうつ病が悪化してしまうケースなどさまざまですが、ブラック企業の存在は大きな社会問題と化しています。

2012年からブラック企業大賞というものが開催されており、2013年に第2回ブラック企業大賞の授賞式が行われました。世間のブラック企業に対する関心の高さが見受けられます。ノミネートされる企業、そして受賞してしまう企業の今後の動きに注目です。

Scroll To Top