Home / ハラスメント / セクシャル・ハラスメントとは
セクシャル・ハラスメントとは

セクシャル・ハラスメントとは

セクシャル・ハラスメントとは

セクハラは最も広く知られているハラスメントのひとつです。

職場や日常など、場面、男性や女性を問わず誰にでも起こりうるハラスメントがセクシャルハラスメントです。性的な発言や行動によって相手を精神的に、肉体的に傷つけたり嫌がらせをする事をいいます。

女性が男性から受けるセクハラがたびたび問題になりメディアなどでとりあげられていましたが、男女に関係なく女性から男性へ、また同性同士のセクハラもあります。

その多くは職場や教育の場での自分の地位を悪利用して、相手に性的な嫌がらせやいじめをするものとされていましたが、さまざまなケースが考えられます。

 

どのようなことがセクハラになるのか?

自分を傷つけた相手に悪気がなくても、自分が不快に感じた時点でセクシャル・ハラスメントを受けたと言えます。学校や職場において環境を悪化させることはセクハラです。

  • 職場で上司に身体を触られる
  • 執拗に誘いを受ける
  • プライベートなことをしつこく聞いてくる
  • 男女関係のことを聞いてくる

 

セクハラの相談

自分がセクハラを受けたとき、相手に対してはっきりとした態度を示すことが一番効果的です。しかし、現実では上下関係やその他の問題など、その場でセクハラを指摘、拒むことは難しい場合が多いでしょう。

セクハラの被害者は悪い事をしているわけではないのに、それを拒否することができずに悩んで、自分自身を責めてしまうケースもありますが、そのように思う必要は全くありません。とても勇気がいることですし、今後の関係などを考えると、行動に移せない人が多いのではないでしょうか。

相手にはっきりNOと言えない場合は特に、誰かに相談することが重要です。学校や職場、労働相談の窓口の相談員はあなたから聞いた話しを口外しない義務があるため、プライバシーも守られ、相談内容が他人に知られることもありませんので、相談をしてください。

セクハラと法律の問題

セクハラを受けた人は、その加害者に不法行為に基づく損害賠償を請求できる場合があります。

 

セクハラ被害の相談をしても会社・学校が取り合ってくれない

セクハラを受けたことを被害者が会社に訴えかけてもなかなか事実を認めようとしなかったり、こちらの意見を聞き入れようとしない職場もあるのは事実です。

会社の苦情窓口などで「会社のためにもみ消さないといけない」と判断した場合、セクハラの加害者の力や会社の権力を見せつけんばかりにセクハラの事実をもみ消す場合もあるようです。こうなってくると、もはやセクハラ問題だけではなく、セカンド・ハラスメントも関連してきます。

しかし、セクハラは犯罪ということにかわりはありません。2007年4月1日から男女雇用機会均等法が改正され、セクハラ被害の対象が働く女性だけでなく、働く男性にも含まれる事になりました。

事業主側は男女雇用機会均等法によって働く人が労働条件で不利益を受けたり、性的な発言や行動によって働く環境が悪くなることがないように配慮をしなければなりません。

そのため、事業主はセクハラを防止するための配慮をしたり、相談窓口を設ける事が義務付けられています。

セクハラ問題の認知、職場で起こった場合にどのように対処をするのか、セクハラを受けた被害者からの相談に対応するのかを配慮しなけれなりません。

 

性的な発言でセクハラを受けた場合 2パターン

1. 性的な言動を受けた被害者の対応によって給料が減額される、降格させられた、クビになってしまった。

これは対価型セクハラと呼ばれ、加害者が自分の地位や権力をもってセクハラをします。この場合、あなたの就業先が終業環境配慮義務を怠ったことになります。

よって、債務不履行としてあなたが受けた損害賠償を請求できる場合があります。セクハラの加害者が不法行為を行って責任を問われるのはもちろん、就業先も責任を問われ、損害賠償の支払いをすることがあります。

2.セクハラにより働く環境が不快なものになり、仕事に集中できないなど悪影響が生じた場合は環境型セクハラといいます

 

セクハラの原因 なぜセクハラは繰り返されるのか

セクハラは被害者と加害者だけの問題ではなく、職場で起こるセクハラなどは男女雇用機会均等法の関係もあり、行政から指導を受ける場合もあります。

決して個人レベルの小さな問題、トラブルと思わず、被害を受けたと感じたらすぐに誰かに相談をして解決をしましょう。

 

Scroll To Top