Home / お金 / 差し押さえとは
差し押さえとは

差し押さえとは

差し押さえされた

借りたお金を返せなくなってしまって「差し押さえ」という言葉が頭をよぎるのではないでしょうか。

ある日突然、財産の差し押さえ通告が裁判所などから届いたらどうしたらいいのかわからない方も多い事でしょう。

差し押さえ通告書を受ける人の多くが多重債務をしている人のようです。

借金の返済に借金を重ねる人、多重債務者が財産に手をつけるのを防ぐために、消費者金融などお金を貸してくれた機関が財産を競売にかけるためにとる手段が差し押さえです。

いますぐに差し押さえされることはあまりありませんが、公正証書がある場合は裁判所の判断を待たなくて良いので、7日から21日ほどで財産が差し押さえられるケースもあります。

差し押さえにあってからではなにもできませんので、回避するには弁護士などの専門家に相談を持ちかけることがベストだといえます。

お金を返すのが困難になると仮差し押えという通告書が届く場合もあります。仮差し押え通告書とは借金をした人が自分の財産を勝手に処分して、借金返済ができない状態にするのを防ぐためのものです。

借金の返済を延ばしている期間が長引くと、住んでいる自宅が競売にかけられ、そこで得たお金が借金返済の代わりとして借入先が受け取るという場合もあります。税金を滞納、借金を返済しない場合は差し押えさを受ける可能性があります。

 

差し押さえをするには

裁判所の許可を得て相手の財産を元に借金の回収を強制的にすることができるのが差し押さえです。

差し押さえには法的な手続きが必要となりますので、少々手間がかかる上に裁判所からの許可が簡単におりるわけではありません。

だからこそ、相手も差し押さえを免れることはとても難しいのです。まず、差し押さえをするにあたりどのような準備をしなければならないのかを知っておきましょう。

差し押さえる権利を証明できる公的文書

  • 裁判所による判決書
  • 裁判所にて作成した和解調書
  • 裁判所にて作成した調停調書
  • 公正証書

差し押さえをする相手の財産の情報

差し押さえには相手に差し押さえをできる財産が必要なので、その情報が必要です。

  • 国内に所有している財産
  • 本人名義の不動産
  • 有価証券
  • 預金通帳 など

裁判所の許可

差し押さえる権利を証明できる公的文書、相手の財産の情報の次は、裁判所に差し押さえをする申請をします。差し押さえの種類によって申し立てに必要な資料などは異なります。

 

Scroll To Top