Home / お金 / 自己破産とは
自己破産とは

自己破産とは

自己破産とは

借金を返せなくなってしまいどうしたらいいのかわからない人に残った道は自己破産です。しかし、決して軽はずみな気持ちで自己破産をしない方がいいでしょう。

自己破産の特徴は、住宅などの資産を失いますが、その代わりに借金の全額が免除されます。自己破産の申し立てが裁判所に認められ免責が確定すると、いまある借金の返済から解放されます。

それでは裁判所に支払いができないと認めてもらえるかどうかはどこで決まるのでしょうか?

自己破産の申立人の現在の状況

  • 収入
  • 資産

 

自己破産のメリット

  • 借金の全額が免除になる
  • 選挙権もあります
  • 住民票・戸籍には自己破産したという事実は載らない
  • 生活に必要な家具などは手放す必要はない

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットで最初に触れておきたいことは、周りの人に大変迷惑をかけるということです。自己破産をしたことで財産だけでなく、大切な家族を失う人も中にはいます。

財産を失う

差し押え対象の財産
  • 現金 99万円以上
  • 預貯金 20万円以上
  • 生命保険 解約返戻金
  • 車 20万円以上の価値のあるもの
  • 株券 20万円以上
  • 有価証券 20万円以上      など
住まい

住宅ローンの支払いが残っている場合は手放すことになります。そのため、いままで支払ってきた住宅ローンは形としてなにも残りません。

差し押え対象のものをみるとわかるように、結果ほとんどなにも手元には残らないのが現状です。価値のあるものはすべて失いますので、安定した生活を取り戻すには時間もお金もかかります。

破産手続きが終わるまでにつきまとう事

手続き完了までの間は長期旅行や引っ越しをするのに裁判所の許可が必要となります。

また、自分の名前がブラックリストに載るのでクレジットカードやローンを組むこともできない期間があります。ブラックリストから名前が消えるまでの間は金銭的に不自由な生活をする場合があります。

制限を受ける職業

  • 旅行業者
  • 警備員
  • 建設業
  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 卸販売業
  • 貸金業者
  • 質屋     など

自己破産と保証人・連帯保証人

借金をした本人が自己破産をしてそれが裁判所に認められて借金が免責になったとしても、保証人や連帯保証人には借金の取り立てが行きます。

自己破産をする場合は保証人になった人にも迷惑がかかるので話し合いをする必要があります。最悪、保証人にも支払い能力がなくなった場合は保証人も債務整理をする必要が出てきます。

その結果、自己破産に追い込まれる場合もあるでしょうが、連帯保証人になった以上免れません。借金をした本人と連帯保証人は同等の責任があるのです。

あくまでも裁判所に支払い能力がないと認められ、免責決定を受けた場合に債務がなくなるということなので、破産をしたからといって借金がなくなるということではありませんので注意しましょう。

借金を返せなくなってしまい路頭に迷っている人は今後のことも十分に考えた上で決めましょう。

Scroll To Top