Home / その他 / オンラインショップと法律とは
オンラインショップと法律とは

オンラインショップと法律とは

ネットショップで購入する際

通信販売と訪問販売との大きな違いはクーリングオフができるかできないかにあります。

購入者の買いたいという意思の上、消費者とショップの間で契約が成立するので、返品に応じる義務は通信販売の場合はありません。

それぞれのオンラインショップで返品受付をしているか、していないか記載がありますので確認しましょう。

 

特定商取引法とは

オンラインでどのような商品を取り扱うかによって知っておくべき法規制が違います。

健康食品    → 薬事法

中古品     → 古物営業法

コンテンツ配信 → 著作権法

人材紹介    → 職業安定法

不動産     →  宅地建物取引業

 

ブランド品を買う際の注意点

インターネットの普及で日本では手に入らない商品や、輸入品で価格を抑えた商品を購入しやすくなりました。

しかし、残念な事に大手ショッピングサイトや、オークションサイトで取引されている商品の多くがコピー品の場合が多く、偽物を高額で販売しているのも事実です。

国内販売価格の半額以下、全商品を大幅値下げしている場合は正規品ではない可能性がとても高いといえます。偽ブランドを出店し、売買することは違法です。

また、国内外の企業が中国の工場で商品生産をしており、それら工場の中には日中に正規品の製造を行い、夜になると同じ製品の偽物を製造する工場に早変わりしている場合もあります。

同じ工場で製造しているから、ライセンスを取得していないけど品質の変わらない製品かと思われる人もいますが、中身は偽物です。パッケージや容器が同じ、または類似したものであっても、本体が信頼できるものである可能性は低いです。

「安い」という理由だけで安易に格安ブランドを購入するのはやめましょう。偽ブランドと知りながら購入し、使用する行為は違法となります。

スーパーコピー商品も違法

ブランドのレプリカは安いし、偽物なんて周りはわからないから買っているという人も少なくないはずです。しかし、これも法律に違反した行為ですのでやめましょう。

最近はスーパーコピー商品という、本物によく似た、レプリカに比べ金額設定が高めのコピーブランドも出回っています。しかし、どんなに精巧に作られた商品であっても、海外発送の商品の場合は税関などで足止めされることも多いに考えられます。

その場合、違法なコピー商品と知りながら購入した消費者の責任も発生しますので、いかなる場合もニセモノを買うことは避けましょう。

偽ブランドを購入してしまった場合

偽ブランドと知らずに出品していた場合は違法になりません。しかし、購入者も偽物と知らずに購入し代金の支払を済ませていたときは、売買契約が無効になるので、商品を返品して、支払ったお金を返してもらうことができます。【錯誤無効】

 

正規品のブランドを購入する方法

偽ブランド店を見極めましょう

価格が安すぎる場合は注意

格安・激安とうたった広告に注意

サイト画面がごちゃごちゃ

他のオンラインショップのリンクが多い

 

正規品の販売しているショップ

販売価格が適正(安過ぎない)

品質などに関する説明書きがある

新品か中古品か明らかにしている

海外の直営店から直輸入しているオンラインショップ で購入するようにする

 

 

Scroll To Top