Home / 離婚 / 結婚詐欺とは
結婚詐欺とは

結婚詐欺とは

結婚詐欺の被害に遭って悩んでいませんか?

Q. お見合いパーティーで出会った相手が不審です。相手の言う事が全てウソっぽくて不安です。

回答相手の言っている勤務先や経歴がおかしいと思った時は、少し疑ってみましょう。免許証や身分証明書の名前が違う場合があります。見せてくれない、あるいは持っていないと言われたら、結婚詐欺師かもしれません。

 

Q. お金を貸した途端、行方不明になりました。結婚詐欺に遭ったと思うのですが、だまし取られたお金は戻ってきますか?

回答相手の居場所が特定さえできれば、だまし取られたお金を取り返すことも可能です。

 

結婚詐欺の手口

結婚詐欺師は結婚をする気がないにも関わらず、結婚紹介所やお見合いパーティなどを利用して婚活中の相手に近づきます。ターゲットと話しを進める中でさまざまな情報を聞き出します。

一番の目当ては相手に財産があるかないかです。相手からある程度の金額を見込めると思ったら付き合いはじめます。そして、相手は婚活中なのをいいことに、結婚の話しをちらつかせその気にさせます。

お金をだまし取ったり、借りたり、いろいろな手口で相手から金品を引き出させますが、借金をした場合も、もちろん返すつもりはありません。結婚を夢見ている女性や男性をもてあそび、心に深い傷を負わせるパターンが多いです。

 

恋愛詐欺の手口

結婚を目的にしていない恋愛詐欺というのもあり、これは出会い系サイトなどを通じて知り合った女性や男性に恋愛感情を抱かせます。

結婚詐欺師は、相手の自分に対する恋愛感情を利用してお金などをだまし取ります。特に出会い系サイトを使いこの詐欺に合ってしまうと、相手の本名、住所などの連絡先もわからず、身元が全くわからない状況で詐欺に合ったと後から気づくことが多いです。

携帯のメールアドレスと番号だけの交換で気軽に知らない人と知り合える出会い系サイトには大きな落とし穴があります。相手から聞いていた名前や住所、勤務先などを調べてもたいていの場合はウソの情報なので、結婚詐欺師までたどり着くのはとても難しいといえます。

また、法律上、相手に対してプレゼントをしたり、その人の名義で買ったものは譲渡にあたるので、戻ってくることはまずないと思った方がいいです。仮に詐欺罪で相手を告訴してもケースバイケースですが、難しいのが実情です。

 

詐欺師の特徴

  • ほとんどメールでのやりとり
  • ほとんど電話だけのやりとり
  • 会う約束をしてもなぜかドタキャンすることが多い
  • 一緒にいるときは着信があっても電話に出ない
  • 電話をしても出ず、折り返し電話をしてくる
  • 免許証を見せない、持っていないという
  • 保険証を見せない
  • 携帯はサイレントに設定されてる
  • お金を貸した後はメールや電話が減る

 

“詐欺師のよく言うセリフ”

  • 大好き、愛してる、早く結婚したいなど、やたら言う
  • 親・親族が亡くなったという
  • 自分は不治の病だという
  • 保証人になっていたけど逃げられた
  • 借金の取り立て屋に追われている
  • 自分の会社の役員にならないか?
  • 自分の会社に投資をしないか?
  • 大きなニュースを見て、自分が関わっている事を強調してくる

 

結婚詐欺、恋愛詐欺の解決方法

恋がらみの詐欺被害を受けると心にも深い傷を負い、人間不信に陥ってしまう人もたくさんいます。金品も取られてお金もなくなったり、また、借金をさせられて生活も苦しくなる場合もあります。

自分が、または知り合いがだまされているかも、と思ったらすぐに専門家や周りの信頼できる人に相談をしましょう。だまされてしまったあとでも相手もどこかに逃げて連絡が取れない場合でも、何かしらの手がかりは残っていると思いますのであきらめないでください。

結婚詐欺師の居場所が特定できればだまし取られたお金を取り返すことも可能です。いろいろな方法はあるので前向きにいきましょう。

Scroll To Top