Home / 職場 / 雇い止め・解雇・不当解雇とは
雇い止め・解雇・不当解雇とは

雇い止め・解雇・不当解雇とは

解雇についての悩み相談

Q. 突然解雇されて、明日からもう会社に来なくていいと言われました。

回答:解雇をするには30日前に予告をしなければなりません。

Q. 営業成績の悪さを理由に解雇されてしまいました。

回答合理的な理由ではありませんので、解雇権の濫用とみなされ、無効になる場合があります。

Q. 産休後、職場に戻ったら解雇する方向に周りが動いています。

回答妊娠や出産を理由に解雇するのは不法解雇です。マタニティ・ハラスメントを受けている可能性が高いです。

解雇する方法

合理的な理由があること

解雇させたい場合は、30日前に解雇の予告をする

解雇の予告をしない場合は、30日分の賃金を支払う必要があります

 

解雇する理由 4点

  • 就業に適していない
  • 能力不足
  • 就業規則に違反した
  • 業績悪化などで経営上、雇用し続けることが難しい

 

辞めたくないのに突然解雇された場合

解雇されたことに納得がいかない場合は、働く意思があることを表示しましょう。配達証明付きの内容証明郵便で郵送しましょう。

営業成績の悪さを理由に解雇された場合

能力不足が明らかで、今後も良くなる見込みがない

および

解雇をしなくても済む措置をとったこと

これら2点を満たしていない場合は違法な解雇となります。不当解雇

 

裁判所に仮処分を申し立てる

仮処分が認められても最終的な解決にはなりません。訴えを提起する必要があります。

この場合、解雇予告手当と同額の支払を別途請求できます

地位保全の仮処分

雇用されている事を仮に認めてもらう

賃金仮払いの仮処分

賃金を借りに支払ってもらう

 

不当解雇を宣告された場合に解決する方法

  • 訴訟を起こす
  • 労働基準監督署に相談
  • 地方労働局に相談

 

Scroll To Top