Home / ハラスメント / ハラスメントの種類 26
ハラスメントの種類 26

ハラスメントの種類 26

ハラスメントの種類リスト 26種類

1. セクシャル・ハラスメント

学校や職場で性的なことを言われたり、されたり、させられたりする、いじめや嫌がらせです。男性から女性、女性から男性、同性同士、上司から部下、部下から上司、同期間などさまざまなパターンがあります。男女雇用機会均等法の改正もあり、セクハラの定義も徐々に確立されてきています。

2. パワー・ハラスメント

教育の場や職場など、自分の地位や権限を利用して相手に対していじめや嫌がらせをすることをさします。パワハラによって精神的に追いつめられてしまう人が後を絶ちません。アカデミックハラスメントとは少し異なります。

3. マタニティー・ハラスメント

近年とても問題視されている比較的新しいハラスメントのひとつがマタハラです。妊娠や出産を理由に職場などで精神的、肉体的にいじめや嫌がらせを受けることをいいます。マタニティーハラスメントが原因で切迫流産をしてしまったケースもあり、マタハラは深刻な社会問題の一つともいえます。

職場でのハラスメント

パワー・ハラスメントに関連するハラスメントとその他の職場で誰にでも起こりえるハラスメントの種類。

4. セカンド・ハラスメント

セクシャル・ハラスメントの被害を会社側に訴えたことが原因で、二次被害で会社から嫌がらせを受けるハラスメントのことをいいます。会社の立場や世間体、セクハラ加害者の立場を考えセクハラの事実をもみ消してしまおうという考えからセカンド・ハラスメントを行う場合があります。

5. リストラ・ハラスメント

会社が人件費削減などを理由にリストラをさせたい人をリストアップして、その人が辞めるようにしむけるために行う嫌がらせ。ある日、出社したら窓際に自分の席が追いやられていた、明らかに会社を辞めるようにしむけているとしか考えられないような場所への転勤を命じられたなど。パワー・ハラスメントとの大きな違いは対象者がリストラをしたい人に限定しているところです。

6. スモーク・ハラスメント

会社など働く場所で上司などが喫煙をしていて、それを断れるような環境ではない。「たばこはちょっと…」と言いにくい、言っても聞かないなど、受動喫煙を強いられることによる嫌がらせ全般をさします。スモハラはパワハラの一種とも言えます。

 学校・教育の場でのハラスメント

スクール・ハラスメントに関連するハラスメントと、学校や教育の場で起こりえるハラスメントの種類

7. アカデミック・ハラスメント

学校や大学、研究室などで自分の地位や権力を使い、いじめや嫌がらせを行うことをアカハラといいます。学生に単位を取らせない、研究テーマを与えないといった、学校内で先生や教授が地位を利用していじめをしたことが原因で、休学や退学に追い込まれるることが多いです。

8. キャンパス・ハラスメント

相手のことを考えずに嫌な思いをさせる、不利益な言動や行為を行い、勉学・研究の環境を害し、被害者の人権を侵害することをいいます。

誰にでも起こりうるハラスメントの種類

9. モラル・ハラスメント

身体への直接的な暴力を伴わない言葉や態度などの見えない暴力によって、相手を自分がコントロールし支配下に置くことで精神的に被害者を追いつめる行為をモラハラといいます。

10. ジェンダー・ハラスメント

女性だから、男性だからとそれぞれの性別の固定的なイメージを強調した言動などにより性別を理由とした差別をして、相手に嫌な思いをさせることです。一般的に多いのは女性を下に見る女性蔑視からくるもので、ジェンダー・ハラスメントの加害者は自分が悪いことをしているという意識があまりない人が目立ちます。しかし、性別のイメージで「女性・男性はこうあるべきだから」という考えで心ない言葉を言われた被害者は、発言そのものが侮辱的で心に深い傷を負う人も少なくありません。心の病を患ってしまうと仕事や勉学に集中できなくなるなど影響を与える場合もあります。

11. テクスチュアル・ハラスメント

女性作家などに対するハラスメントのことを指します。ジェンダーハラスメントの延長線にあるのがテクスチュアル・ハラスメントといえます。女性に創造的なことはできないときめつける、女性アーティストに対する偏見や中傷をいいます。

12. アルコール・ハラスメント

相手が嫌がっているにも関わらずお酒を強要することや、酔っぱらい周りに迷惑行為を行うことをアルコール・ハラスメントといいます。職場の飲み会や大学での新歓コンパ・飲み会での被害が拡大しています。一気飲みコールをして一気のみするように強要したり、あおる行為はアルハラに当てはまる場合がありますのでご注意を。一気飲みが原因で亡くなった人も数多くいます。

13. ペット・ハラスメント

ペットに虐待をしたり、嫌がらせをするハラスメントのことです。暴力を振るったり、必要な食べ物を与えない、水を与えない、意図的に悪い環境での生活を強いるなどが挙げられます。お世話をせずに放任・放棄をしたり、ペットをアクセサリーの一部としてのみ飼ったり、着せ替え人形のようにおもちゃ感覚で飼っていることも含まれます。

14. エイジ・ハラスメント

女性の年齢における偏見やコンプレックスなど、老いに対して何らかの感情を持っていることが背景にあると思われます。

15. シルバー・ハラスメント

60歳以上の高齢者に対するハラスメントのことをいいます。日頃の介護疲れや、自分が優位に立っていることを実感したくて、高齢者に対して嫌がらせをします。

16. マリッジ・ハラスメント

未婚の女性に対して、「早く結婚しなさい」、「結婚はいつするの?」などといいます。結婚の意思がない人、あるいは結婚をしたいけどできない人に対して精神的ストレスを与えます。

17. ドクター・ハラスメント

医療関係者が自分の立場を利用して患者さんや、その家族に対して暴言を吐いたり、強い態度で出たりすることが当てはまります。しかしながら、患者さんから医療従事者に対して、ひどい態度で悪質なクレームなどをつけてくる患者ハラスメントもあります。

18. スメル・ハラスメント

きつい体臭や香水などにより、周りの人に不快感を与えるにおいによる嫌がらせをスメル・ハラスメントといいます。本人に意識があるかないかは場合にもよります。

19. エアー・ハラスメン

意図的にその場の雰囲気を悪くする精神的なダメージを与える目的を持ったハラスメントです。

20. ブラッドタイプ・ハラスメント

あなたは血液型が○型だから、「こういう人。」などと、血液型性格判断をやたらと押し付けることなどが含まれます。B型だから気分屋、O型だから適当、A型だから几帳面、AB型だから二面性があるなど、血液型診断の結果を相手に突きつけて、嫌な思いをさせていませんか?血液型に固執する、日本人特有のハラスメントです。

21. テクノロジー・ハラスメント / テクニカル・ハラスメントともいう

パソコンやネットなどのIT系の技術などに長けた人が、そのような知識のない人に対して、意図的にわからない専門用語で話したり、単純なことも難しいことかのように感じるように説明をしたりする嫌がらせのことをいいます。普段、自分が注目を浴びないのでここぞとばかりに力を見せつけようという心理が働き、結果的にハラスメントにつながっているケースもあります。

22. エレクトロニック・ハラスメント

最先端の技術を駆使し、相手を追跡したり、嫌がらせ、さらにはマインド・コントロールを目的にする場合もある恐ろしいハラスメントです。ターゲットに身体的危害・精神的ダメージを与える目的で電磁場やマイクロ波などを利用します。

23. カラオケ・ハラスメント

歌うのが得意じゃない、好きじゃない人に無理やりカラオケで歌を歌わせることなどをカラオケ・ハラスメントといいます。カラオケに来たのに歌わなかったら意味ないなどといって、強制的に曲を入れて歌わせること。

24. ゼクシャル・ハラスメント

未婚の娘や息子に対して「結婚はまだなの?」「結婚はしないの?」と、母親などからプレッシャーを与えるハラスメント。

25. レイシャルハラスメント(人種ハラスメント)

国籍や出身に関する、相手が傷つくような質問をしたり態度を取ったりすることが人種ハラスメントにあたります。ハーフの人は特にこのハラスメントでいじめられたり、辛い思いをしているケースもあります。また、国籍が日本でも見た目や雰囲気などで違う扱いを受けることもあります。閉鎖的な環境ではよく見られます。

26. パーソナルハラスメント

これは自分とは違う人を見つけて、その人の容姿や境遇、生活など、些細なことをきっかけに揚げ足を取ったり、からかったり、いじめ行為をすることです。とにかく自分に自信のない人が身近な相手を攻撃することで安心感を得るために行なっているハラスメントです。ブスだけではなく、美人でもかっこよくてもいじめられる場合があります。

Scroll To Top