Home / 詐欺 / 通販の偽サイトに注意
通販の偽サイトに注意

通販の偽サイトに注意

有名インターネット通販サイトを装った「偽サイト」が氾濫しています。中国や海外のサーバーを経由しているサイトが多く見られ、「激安」などの広告で消費者を引きつけ偽サイトで買い物をさせ、商品を送らないなどの手口でお金をだまし取っています。

実在するネット通販サイトの画像を転用し、あたかも本物の通販サイトかのようにみせています。

 

偽サイトの手口と被害

代金を前払いさせ、商品を発送しない

偽物のブランド品を送りつける

個人情報を悪用する

 

気をつけたいニセ通販サイトの一覧

偽「Amazon」

偽「Yahoo!」

偽「pointオンライン」

偽「釣りビジョンプラザ」

偽「ポンパレモール」

偽「腕時計本舗」ブランド腕時計

 

偽サイトの特徴

  • 激安
  • 日本語表記が不自然
  • メールアドレスが怪しい
  • 返信メールの日本語がおかしい
  • 中国人や外国人名義の怪しい銀行口座
  • 個人情報やクレジットカード情報の入力画面が暗号化されていない
  • 問い合わせ方法がメールのみ
  • 運営会社の所在地や連絡先などの記載がない
  • 入手困難な限定商品も在庫がたくさん残っている
  • サイト内のリンクに不備が多い

 

偽サイトの被害に遭わない対策

  • URLを確認
  • 実在するサイトか確認
  • 日本語表記が不自然なサイトからは購入しない(例:「超速い配達、三日か五日届けます」)
  • 返信メールの日本語がおかしい
  • 定価よりも極端に安い商品は避ける
  • 中国人や外国人名義の怪しい銀行口座には振り込まない
  • 前払いは避け、代金着払いなど、安全性の高い支払方法を利用する
  • 個人情報やクレジットカード情報の入力画面が暗号化されていなかったら避ける
  • 指定口座の名義と業者名が一致するか確認
  • インターネットで口コミなどを検索してみる
  • 同じようなサイトが他にもないか確認
  • 電話番号の記載があったら電話して確認してみる
  • 不審に思ったら取引しない

 

偽サイト被害の実例

定価12万円ほどの有名ブランドのバッグを、ある偽サイトで2万円弱で見つけた女性会社員。指定された口座に代金を振り込んだものの、送られてきたバッグはニセモノでした。

 

Scroll To Top