Home / 離婚 / 離婚の子どもの問題
離婚の子どもの問題

離婚の子どもの問題

離婚をするまえに子どものあらゆる問題をしっかりを決めておきましょう

子どもがいる夫婦が離婚をするときは、決してあなたと相手、2人だけの問題ではありません。離婚をすることによって子どもにもいろいろな影響や問題が出てきます。いまは小さくて何もわからないから…と思う人もいるようですが、子どものためにも、そして夫婦のためにもひとつひとつきちんと決めておく必要があります。離婚後にこんなはずではなかったと遅いのです。ですから、いまからしっかりとした対策をしていきましょう。

離婚する前に決めておくべき子供のことは?

1. 親権と監護権

未成年の子どもは親権と監護権をどちらが持つかを決める必要があります。親権とは子どもの代理人としての法律行為、財産の管理をする権利・義務のことをいいます。監護権とは子どもの近くにいて親がお世話をして教育する権利・義務のことで、親権の一部に入ります

2. 離婚後の子どもの姓と戸籍

子どもの名字は両親が離婚しても変わりません。子どもと親の名字が違う場合は、同じ戸籍には入れないので気をつけましょう。戸籍に関しては手続きをしなければ何も変わりません。親権者が決まればその親の戸籍に移動するということはありません。

3.養育費

子どもの親権と監護権を夫婦のどちらが持つかを決めたあとで、養育費の問題が持ち上がります。養育費とは子どもの監護権を持っている親が子どもを育てていくために必要となるお金の事です。監護権を持っていない親から養育費を請求することができますので、相手に支払ってもらうべきものです。

4. 面会交渉権

夫婦のどちらが親権を持つかをあらかじめ決めた上で、親権者にならなかった相手が今後子どもとどのように会うかなどを決めます。面会交渉権とは子どもと会う権利のことで、離婚後だけではなく別居中の場合も関わってきますので確認しておきましょう。

 

Scroll To Top