Home / お金 / 債務整理を解決する4つの方法
債務整理を解決する4つの方法

債務整理を解決する4つの方法

債務整理とは?

借金の問題を法律で解決することができます。返せないほどの借金がある、自分では解決できないという場合は債務整理をいち早くしましょう。借入期間が長いと実際に借りた金額を上回る利息を支払っている場合もあります。借金を返すために借金に借金を重ねてはいませんか?借金返済に借金を重ねる多重債務に陥っては悪循環でなにも解決はしません。

返済計画の見直しや、債務整理の手続きをすることによって、払い過ぎたお金が戻ってくる場合があります。あなたの債務、収入など減債の状況によってどの手段を取るかも変わってきます。弁護士に無料相談をしてあなたに合った方法を見つけるのもひとつです。

債務整理を解決する4つの方法

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 特定調停

 

任意整理

借金の減額、利息のカットなど、債権者と返済方法の話し合いをして和解をすすめる手続きのことをいいます。この話し合いは任意なので、債権者はそれに応じる義務はありません。

自己破産

自己破産とは債務整理をするひとつの方法です。いまある借金を自己破産をすることにより全てなくします。裁判所によって借金の返済ができないことを認められればその借金からの責任を免れるため、借金返済をする必要がなくなりますが、資産などがある場合は没収されてしまいます。

個人再生

返済するべき借金の総額が減るのが個人再生の大きなポイントです。そして、減額した借金を3年間で返済していく計画を立てます。この再生計画が裁判所に認められ、なおかつ、その計画どおりに借金返済ができれば元の借金総額の残りは免除されます。もうひとつの特徴は、いま持っている住宅を残したまま借金を返すことができますので、自宅を持っている人に適した手続きともいえます。個人再生は2001年4月から始まった新しいものなので、正しく理解しこの制度を活用しましょう。

任意整理では返済ができないけど、自己破産は絶対に避けたい人は個人再生の手続きを考えてみましょう。

特定調停

債権者とあなたの間に調停委員が入って話し合いをします。任意整理のように弁護士や司法書士に頼む必要がないので費用も押さえられますが、自分で行うのでそれなりの知識や準備が必要となってきます。

 

債務整理の相談をする

債務整理の相談をする場合に準備しておくべき書類があります。借金をしたときの契約書類、返済時の領収書、貸金業者から届いた通知書類など、借入状況がわかる書類を用意しておきましょう。

Scroll To Top