Home / お金 / 連帯保証人とは
連帯保証人とは

連帯保証人とは

保証人にはなるなと言われた事はありませんか?

借金をするとき、住宅ローンを組むとき、賃貸契約などに保証人が必要となりますが、この多くが連帯保証人を指しています。お金を借りた人が返済しない場合、その借金のすべてを返済する責任を負うため、連帯保証人になるということは自分で借金をしたも同然だと思いましょう。たとえば住宅ローンの連帯保証人になっている場合、自分が住宅ローンを組んだと言っても過言ではありません。もちろん利息、違約金、損害賠償金までも返済する必要があります。連帯保証人になってしまうと、いざ自分に請求にが来たとき、借金をした人に先に請求をするように主張することはできません。これは抗弁権がないために起こります。たとえお金を借りた人に返済能力があるとしてもないとしても、保証人になった人から先に取り立てることができるのです。連帯保証人が2名いる場合でも、肩代わりした借金を2人で分割する必要もないので、とても恐ろしい状況に陥ってしまいます。

連帯保証人の特徴と取り立て

  • 抗弁権がない
  • 借金をした本人のところか、連帯保証人になった自分のところに先に取り立てに来るのかわからない

保証人とは?

借金をした人がお金を返さないときにお金を代わりに返済します、と約束をした人が保証人です。連帯保証人との大きな違いは借金をした人に返済能力がある場合は、借金をした人に先に請求をするようにいうことができます。保証人が何人かいる場合は借金の総額を頭数で割った金額の責任だけを負えばいいので、この点も連帯保証人とは違います。

保証人の特徴と取り立て

  • 抗弁権がある
  • まず借金をした本人に取り立てに来る

 

保証人・連帯保証人をやめたい

よく意味もわからずに保証人や連帯保証人になってしまった人は少なくありません。連帯保証人になるということは保証人とお金を貸した債権者の間で保証契約を交わしているということなので、お金を借りた人はこの契約においての当事者ではないのです。ですから、債権者と話し合いをしてあなたが連帯保証人から外れるということで合意ができた場合は可能です。現段階で保証人になっている人よりも信用と財力のある代わりの保証人を付けるなどをしない限り、非常に難しいでしょう。

保証人をやめられる可能性のある場合

責任はないから保証人欄にサインだけしてほしいと言われませんでしたか?

  • 知らない間に保証人にされていた
  • 保証人が未成年の場合
  • 親の許可なく子どもが親の実印をもって保証契約をした場合
  • お金を貸した人と、お金を借りた人が保証人になる人を陥れる目的で保証契約をさせていた場合
  • お金を貸した人、またはお金を借りた人に脅迫され、怖くなって契約してしまった場合

 

 

Scroll To Top