Home / 職場 / ブラック企業に入ってしまった場合
ブラック企業に入ってしまった場合

ブラック企業に入ってしまった場合

ブラック企業に入社してしまったらどうすればいいのか

ブラック企業に入社してしまったら自己責任なのでしょうか?ブラック企業だから・・・と、なんでもそこへ責任転嫁するのは行き過ぎたものがあります。しかし、ブラック企業だと口にするだけで「これだから若者は甘い。」と、一言で済ませてしまうのもいかがなものでしょう?

「ブラック企業でも働き続けている人が大勢いる」、「ブラック企業でも我慢するべき」と自分の考えを押し付ける人もいます。

 

ブラック企業で生き延びる方法 5項目

1. 簡単にあきらめない

 

あなたの自信をなくさせるような企業でお勤めですか?

多くのブラック企業はあなたが辞めるよう仕向ける傾向があります。若者に限らず、辞めさせたい従業員の心を折ることで、「もう、だめかもしれない・・・」と、自ら諦めるのを待っていることがあります。

そんな会社の目論みにめげずに「諦めない!」という気持ちでいることです。マイナス思考でいるとそこへどんどんつけ込んできます。

しかし、職場で毎日辛い日々を過ごしていたり、長期に渡っており、自信を持ち続けることが苦しくなっているのであれば、辞めることも選択できます。落ち込んでしまい、うつ病になってしまっうほど我慢する必要はありません。転職も視野に入れましょう。

 

2. 上司などに責められても自分が悪いと思い込まない

 

小さなミスも見逃さずに責め立てる上司と働いていると疲れてしまいます。

日常的に責められ続けていると、あたかも自分が悪いかのようにさえ感じてしまうようになる場合があります。

「悪いのは自分なのかもしれない」と思い込ませることで、あなたの判断力、思考力を奪います。合理的に物事を考えられなくなっていたら、おかしいことに気がつきましょう。

ブラック企業の典型的な手法かもしれない、と気付くことで自分が悪くないことを再認識できます。自分が悪いと思い込まないことでうつ病になるのを避けましょう。

3. 疑うことも重要

 

アメとムチの悪用をするブラック企業

あなたが会社を辞めるように仕向けるために、深夜以降も働かせるなどして使いつぶす勢いでかかってくる企業もあります。さまざまな職場でのハラスメントをしながら、あなたが疲れてしまっているところでやさしく接してくる場合も。これは、休職に追い込むことで最終的には円満退職をしてくれるように企業がプラン立てしたシナリオの可能性があります。

どこまでが教育?やり過ぎじゃない?と感じたら、疑ってかかるのもひとつです。

 

4. 労働法に守られている

 

残業代は支払われていますか?

残業代の未払いがある場合は労働法に反している行為なので、違法です。労働法は社会のルールですから働く人を守ってくれます。違法なことを繰り返し行っている企業だという認識を持つことで自分のいる環境が見えてくるでしょう。

あまりにも理不尽で納得がいかない人は法廷に持ち込む場合もあります。

 

5. 専門書に目を通してみる

 

たとえ企業を訴えずに退社する場合でも、専門的な知識は得ておいた方がいいでしょう。自分にはどのような権利があるのかを相談するのも大切なことです。NPO法人や専門書などさまざまなものがありますので、活用しない手はないでしょう。

労働者の視点から書かれた専門書を読み、戦略を立てましょう。

 

ブラック企業に入ってしまった場合

  • ブラック企業はネットなどで検索できます
  •  ひとりで抱え込み悩まない
  • 誰か信頼できる人に相談してみる
  • 自分を追い込まない
  • うつ病にならないように
  • うつで苦しんでいる場合はなるべく悪化しないようにする
  • 転職を考える
Scroll To Top